【2014年クイーンステークス】回顧から見る札幌記念展望 - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【2014年クイーンステークス】回顧から見る札幌記念展望

レース全般の振り返りはほどほどにして、札幌記念にどうつなげていくか?

を検討していきます。



逃げたオツウ、1000m通過が57.8秒 大外から猛然とハナを奪いに・・・

までは良かったものの、なぜそこで落ち着かせない

オツウのこの3連勝をみてどういうペースが最適かって考えてない

松岡騎手、残念な騎乗でした



勝利したキャトルフィーユは、内でじっと我慢してからの追い出しで

福永騎手の良い判断でした。キャトルフィーユが勝つとしたら抜け出して

粘り込む、という形しかないので理想形だったと思います。



2着アロマティコは戦前の予想通り

中団からの競馬で先行勢が垂れてきたところを真ん中から割ってくる

そういう競馬でした。しかし、こちらも理想形でレースをしたにも関わらず

勝ち切れないところが、、、しかもキャトルフィーユに勝ち切れないところが現状でしょう



3着スマートレイヤー

スマートレイヤーらしいレース運びで抜け出しをはかったまでは良かったのですが

最後伸びきれず。力関係がこのメンバーの中に入ってどうかと見ていましたが、

前走、今回で見るにG1では相当な運が必要と見ました。率直なところで

押さえまでで良いかと思います。過剰人気になるんで、3連系の押さえその2、

くらいで印を回すのがベストではないでしょうか。



その他の注目馬は特になし

現状のおおよそ通りの結果で、エリ女で期待値があがる馬も不在でした



さて、私の予想についてですが、私はディープ切りを推奨しました

結果はディープ産駒が1着3着なので、読み違えということになりますが、

例えば土曜日開催、8R1800m戦で1番人気2番人気がディープ産駒で揃って飛びました。

1200m戦でレッドオーヴァルが勝ちましたが、メンバー見ても勝って当然のレベル

これにより結論として「ディープは買えない」を出しました。

ところが

結局土日札幌開催で芝レースのディープ産駒の結果は【2.1.1.4】

距離の長短あれど、複勝率4/8なら好相性と言わざるを得ません

切り替えます





ディープの洋芝適性はここにきて上がってきているか

私自身が必要以上に不適正の烙印を押し過ぎていたか

いずれにしても、これを次週以降に活かすことが肝要です

いえ、札幌記念ハープスターの取捨に活かすことが肝要です




ご存知ハープスターは後ろからの競馬で差し・追込み脚質です

クイーンSでいうとスマートレイヤーのポジションとなります

単純に考えるとアタマでは厳しいが馬券にはなりそう、と言えます

札幌記念は8/24開催。中2週ございます

本日の段階ではもちろん決断とまでは行きませんが、

札幌記念ハープスターは、アタマでは厳しいが馬券にはなりそう

繰り返しましたが、ここを今日の結論とします




お読みいただきありがとうございました。

管理人が今週末注目するメインレースと馬は?

札幌日経OP

期待の逃げ馬バンデ、復活なるか?!注目です







コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。