【2014年函館2歳ステークス】回顧 今後も注目すべき馬は?! - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【2014年函館2歳ステークス】回顧 今後も注目すべき馬は?!

まず、印をつけた馬を再掲載
◎16番トウショウピスト
3番スルターナ
5番キッズライトオン
8番マイネルエスパス
13番アンブリカル
6番タケデンタイガー

勝った12番のアクティブミノルは押さえておらず惨敗

逃げて上り最速、タイムも1分9秒台であったことを考えれば

買うには十分な馬だったが、マイネルエスパスが逃げると読んでいたので

控えてしまってはこういう結果もやむなしだろう。

しかし松岡騎手は重賞で人気を背負うと厳しいです。

今後も騎手切りの対象にノミネートです。残念ですが。



馬券の反省は以上にして、今後に繋がる馬を。

最も目を引いたのは4着に来たトーセンラーク。

東京マイルからの参戦で、特に決め手で勝るという印象も持っていなかったため

予想段階ではスルーしていましたが、決め手は素晴らしいものを魅せました。

現役で言うとアロマティコタイプでしょうか。荒れ馬場や洋芝のパワーのいる馬場で

直線勝負。展開に左右されるタイプですが、狙い撃ちしやすいタイプでもあり、

当たった時は高配当が望めます。トーセンなので人気も被らないと思うので、

どこかでおいしい思いをしたいですね。



続いてトウショウピスト。現状では16番枠を跳ね返すほどの実力はなかった。

それでも安定感というか強さは見せてもらいました。

距離も1200より伸びても良さそうなので、マイルくらいまでは試してもらいたいと思います。

成長して瞬発力がどこまで付くかが楽しみです。

NHKマイルまでは常に意識しないといけない一頭です。



さて2歳重賞も始まりましたが、2歳重賞は後のG1馬から500万下まで

一緒にレースをしている可能性のある重賞です。

当レースでの勝ち負けももちろん大切ですが、今後に向けての自分の中で

キープ馬を作っておくことも大切です。

JRA-VANのお気に入り登録や、その他の手法でぜひ皆様もメモを残しておいてください。




本日のレースを見て、中山の朝日杯なら買いたいな、と思わせた馬は

マイネルエスパル

今年から番組が変わったので当てはまりませんが、ここで見限られたなら

美味しい馬券にありつくチャンスです。

次走もしっかりチェックして、改めて狙ってみたいと思います。

明日は函館記念の回顧をお届けいたします





タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。