【2014年函館記念】展望 グランデッツァは確かに強いが・・・ - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【2014年函館記念】展望 グランデッツァは確かに強いが・・・

サマー2000シリーズ初戦、函館記念です。


昨年はトウケイヘイロー頭固定で見事10万馬券が的中できました。

今年もしっかり予想して、的中を目指します。



まず、函館記念の位置づけはG1勝ち負けできずに

夏のローカル重賞で賞金稼ぎを目論むメンバー



もしくは、3歳・遅れてきた4歳で本気でステップアップを狙う馬達



このいずれかの明確な目標がないと勝てないレースです。





昨年のトウケイヘイローは、同年春に本格化を見せ鳴尾記念で快勝。

秋のG1で勝負するために賞金加算のため参戦でした。



今年の参戦馬には昨年のトウケイヘイローよりも絶対に勝ちたい馬が一頭います。

届きそうで重賞のタイトルに手の届いていないアドマイヤタイシです。



もう2着はいらない。陣営も相当な覚悟で臨んでいるでしょう。

昨年の勝ちローテ。強い相手がいますが、期待してもいいのではないでしょうか。



強い相手とはグランデッツァ。はっきり言って強いでしょう。

安田記念は力を温存しての大敗と石橋騎手の好騎乗でした。

あんな泥んこ馬場では脚をヤッテいたこの馬は頑張ってはダメでした。

さあ、秋のG1獲得へ向けてのスタートです。



とスンナリ軸が2頭も決まってしまいました。

ほかの馬を見ても曲者はいくらかいますが、基本的にはこの2頭から入れば

まずは間違いはないのではないでしょうか。



最後に、函館記念は枠順は大切です。

おそらくフルゲートになるので、

8番枠より内側で先行できる馬】は押さえておきましょう。

昨年のアンコイルドはこのパターンで拾えました。

函館記念注目馬は → アドマイヤタイシ

では週末に。





タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。