【2014年CBC賞、ラジオNIKKEI賞】速報&振り返り - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【2014年CBC賞、ラジオNIKKEI賞】速報&振り返り

中京のCBC賞から

逃げたのは7番ベルカント。逃げると思っていなかっただけに、開始早々にエピセアロームの連は確定したと感じました。これでベルカントは次走から逃げはないでしょう。スピードの違い、という形でハナにたっても通用しないことがわかりました。かろうじて、新潟のアイビスSDでどうか、というところでしょう。

連軸に指名したエピセアローム。非常に安定したレース運びで、浜中騎手もムチを入れるのはギリギリまで遅くして、好騎乗でした。勝った馬が強かったのと適正・斤量の差が出たというイメージです。連で買って正解でした。

勝利したトーホウアマポーラ、前走の阪神牝馬は見せ場もなく沈んでしまいましたが、本日は完勝。前走はクラス慣れといったところだったのでしょう。今後も楽しみです。中山のスプリンターズSよりも直線の長いコースで狙いたいと思います。

3着にきたニンジャ。ここはまったく想定できていなかった。外枠有利なコース形態とはいえ、スムーズに抜け出して3着確保でした。好走パターンがありそうなので、もう少し突き詰めたほうが良さそうです。今後の課題へ。

1000円分馬券の結果としては馬連のみ的中でした。2,670円でしたが、ここは良しとしましょう。

 

続いてラジオNIKKEI賞

こちらは大きく見誤っていました。先行勢が残ると。クラリティシチーさえ後方からの競馬。先行前残りを予想していた今回はこの時点で外れです。当然馬券もでしたが。

勝利したウインマーレライ。この馬を切ったのですが、前走青葉賞でスローの流れをついて行って直線垂れる、という競馬。今回のこのメンバーで先行できるとは思えずで切りましたが、思いのほか4番手。ここまで見事に読み違えたら負けてもスッキリです。競馬にこういうのはつき物です。それを踏まえて、的中させないといけないのですが。

総論としては、クラリティシチーの位置取り、ウインマーレライの位置取りを逆に想定していました。今後の修正点としては正直ないので、そういうこともある、といってしまえばそれまでなのですが、これが競馬です。展開予想が間逆では馬券は取れない、その意味ではお手本となるレースでした。反面教師としましょう。

その他の注目馬については今夜ゆっくり検証します。

本日の1000円分馬券予想は、

回収率100%は当たり前!

的中率100%を目指して!!

CBC賞 2,670円

ラジオNIKKEI賞 ハズレ

次週、また挑戦です!





タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。