【日経新春杯】予想 人気サイドに逆らえず【2015年】 - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【日経新春杯】予想 人気サイドに逆らえず【2015年】

日経新春杯最終予想です。

脳内でシミュレーションを何回繰り返しても、

サトノノブレスとタマモベストプレイが不動なので、

諦めてこの2頭から入ります。



追切を見た印象としては、タマモベストプレイの方が

状態が良さそうですので、

◎7番タマモベストプレイ

相手に

○9番サトノノブレス



データからも4歳・5歳が活躍するレースで、

両馬とも該当。京都での実績も2勝以上かつ

3着以内率75%以上。今回のハンデでどうかと

考えましたが、この2頭なら凌げるイメージが強く、

紐探しへ。




展開面ではメイショウサミットの単騎逃げ濃厚で

スローの上がり勝負。タマモは2番手からの競馬で

楽々追走から抜け出しを狙う。

タマモをマークする形でサトノノブレスも間を置かず

早目に差し切りを狙う。

この2頭に迫れる、あるいは逆転できる展開を考えたときに、

1、逃げ粘り

2、サトノノブレス以上の切れ味で差し切る


この2パターンしかないのですが、

逃げ粘りはメイショウサミットがティエムプリキュアできるか?

普通に考えたら厳しいのですが、実際にやっている騎手なので、

一応押さえに。


2番のサトノノブレスを差し切る脚を持っているのは

おそらくこの馬 → ホーカーテンペスト


単穴▲に指名しますが、

前走1600m下でしたが、上でも十分通用すると

アピールしているかのような勝ち切り方。

昨年の夏から秋にかけてのクリールカイザーが

同じようなイメージです。

上がりの脚もいいものを持っている上、

枠もロスなく運べるいいところを引けました。

悲しいかな人気してしまっているので、

その点だけが残念ですが、2頭に食い込むチャンスは

大いにあるのではないでしょうか。

▲ → ホーカーテンペスト



買い目は

馬連 ◎○▲のボックス。

3連複フォーメーション。

◎-○▲-○▲4.6.10.14.16.18





タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。