【シンザン記念】回顧 ◎グァンチャーレは強かったが馬券は・・・【2015年】 - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【シンザン記念】回顧 ◎グァンチャーレは強かったが馬券は・・・【2015年】


シンザン記念を振り返っていきます。

前半600mが近5年で最も遅い35.7と緩いペースで、

逃げたレンイングランドの狙い通りのレース運び。



前半で隊列が整った時の後方4頭が1着-4着を独占と、

結果的には差し・追込み勢のレースだったわけですが、

その4頭に続いたのが逃げたレンイングランド。



一つの結論として、本日の6着以下は圧倒的に力不足で

しばらく出番はない、ということですね。



個別に振り返りましょう。

1着◎グァンチャーレ

万葉Sを見たときに、武豊騎手の差し切り具合がドンピシャだったので、

乗れているなということで◎指定。

結果、僅差をを制しての勝利は、馬の力というより乗れている武豊の

おかげだったかと言いたくなるような勝ち方でした。

最後の脚の止まり方からすると、現状マイルが精一杯で、

コース的にも中山や東京というよりは、京都・新潟が合いそうで、

クラシック路線では軽視したい。今後の成長に期待。



2着△ロードフェリーチェ

千両賞の脚を見る限りでは、後方からは馬券にはなりにくいと

判断し、ほぼ総流しでの押さえの一頭に加えていただけでした。

レースでは4コーナーをうまく立ち回っていれば、逆転まで

という追込みでしたのでもったいない騎乗でしたね。

馬が不器用なのか、四位騎手がミスったのか分かりませんが、

伸び代は感じました。今後も注目です。



3着△ナヴィオン

大外福永騎手で、また無駄に下げて最後方だろうと予想し、

馬券も3着にくれば御の字だろうと思っていましたら、

結果的には予想通りも、最後の脚は目を見張るものがありました。

この馬は京都・新潟専用機っぽいのですが、東京でも

爆発できる素養はあるので、ダービーでは注目の一頭になりそうです。

しかし福永騎手は下手くそですね。また、勝てるレースを落としました。



4着○ダッシングブレイズ

最後よく追い込むも差されてしまいました。

武豊騎手が上がっていったときにもう少しついて行っていれば、

という内容で、今後の課題が残りましたね。

この馬、逃げたら面白いように思いますが、どうでしょうか。

決め手では太刀打ちできないと思うので、今後は脚質を

変えていくしかないように思います。



馬券は◎-○▲-ほぼ総流しだったので、拾えず。

1着・4着は一番やってはいけない結果ですので、

この悔しさは今週取り返します。



以上が上位4頭ですが、この4頭は実力差はないと思うので、

今後を盛り上げてくれそうないいメンバーでした。

賞金を加算できなかったナヴィオンとダッシングブレイズの次走が

注目ですね。



さて、今週メインは日経新春杯。

昨年の覇者サトノノブレス、3着馬フーラブライドなど21頭が登録しています。

例年、日経新春杯の勝ち馬はG1では惜しいキャラが

活躍するのでその辺を意識しつつ、ハンデ戦ということで上がり馬の

軽ハンデ馬が激走する傾向にあるので、この2点から注目していきたいと

思います。



現時点での軸馬は → A人気ブログランキングへ

クラシック路線から既にG1で惜しいキャラを演じてきましたが、

古馬になって特に京都での活躍を期待できるレベルまで

成長してきました。ハンデがどこまで背負わされるか分かりませんが、

ここまでの活躍、キャラ特性から-0.5kgがもらえそうで、

チャンスかなと思います。

メンバー的にドスロー濃厚で、前残り競馬になると思うので、

展開面からも軸に相応しいのではないでしょうか?

現時点での軸馬は → A人気ブログランキングへ



そろそろキッチリ的中させたい、気合が入ってきました!





タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。