【2014年宝塚記念】展望 今年も波乱要素はあるのか!? - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【2014年宝塚記念】展望 今年も波乱要素はあるのか!?

先週に引き続き、まずはJRAの公式から
スターホースが一堂に会する夏のドリームレース! 「JRA60周年記念 第55回 宝塚記念」

過去10年の宝塚記念の出走馬149頭のうち、6割以上にあたる延べ94頭は、JRAのGI において3着以内となった経験がある馬だった。ファン投票によって出走馬が決まることもあり、豪華メンバーで争われることが多い一戦だ。もっとも、2008年の優勝馬エイシンデピュティ、2010年の優勝馬ナカヤマフェスタのように、GI で好走経験のなかった馬が上位に食い込むケースも決して珍しくない。既にビッグレースを制している馬だけでなく、少しずつ力をつけてきた馬にも注目すべきだろう。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

※2006年は京都競馬場で開催


今回は特にピックアップする項目はなさそうです。

注目はやはりゴールドシップ、というか横山典騎手

ポツンがあると間に合わない可能性が高いので、現在の時点で

軸にはできません!

 

では軸は?

ウインバリアシオンで行く予定です。

実績からも昨年の有馬記念でムーア騎乗のゴールドシップを完封したところからも、軸には相応しいのではないでしょうか。

netkeibaでは一番人気予想ですが・・・

 

それでは面白くないので、追い切りに注目する穴候補3頭をピックアップ

トーセンジョーダン 前走鳴尾記念はどう見ても叩き。ここ本番で間違いないでしょう。しかし、それを踏まえても前走が緩すぎだとは思っています。今回の追い切りで昨年秋のJC並みの仕上げにしているかどうか、見極めたいと思います。

 

ヴェルデグリーン 中山2200m巧者で有馬記念でもまずまず踏ん張っていました。中山と阪神内回りは良く似たコース形態ですので、好走する下地はあると見ています。今回は空気のような存在、こういう馬が激走すると思っています。鞍上はおそらく田辺騎手でしょう。心強い。

 

デニムアンドルビー 昨秋のJC2着。相手が、レースレベルが、、、いろいろありますが、結果は結果です。今回もジャスタウェイが不在ですので、レースレベルが、、、という話になります。であれば、狙ってみたい。ジェンティルドンナを逆転する成長力があれば、馬券にも絡んでくるはず。

 

本日は宝塚記念の穴候補をピックアップしました。

 

 





タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。