【レース回顧】マイルCSと東スポ杯2歳S、東スポ杯◎▲△で的中!【2014年】 - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【レース回顧】マイルCSと東スポ杯2歳S、東スポ杯◎▲△で的中!【2014年】

3日連続開催は、疲れますね。なかなか休めません。

さて、レース回顧を。



まず、マイルCS。

予想の◎クラレントは、2度裏切られました。

1つ目は馬体重。

馬体重が調教後の馬体重より増えてるって、橋口調教師は何していたのですかね。

怒りすら覚えます。

2つ目はスタートの出遅れ。まあこれはレースにはつきものなので、一概には

言えませんが、さすがにクラレントの脚質で出遅れは致命的です。

案の定、外外と回らされる競馬でした。結果はダメダメでしたが、

やはり馬体重が。うーん、調教後馬体重より増えるって納得できませんね。

橋口調教師、ワンアンドオンリーのダービー制覇で見直したところはあったのですが、

なんて言いますか、この終わった後のやるせなさ、ロサードを思い出させてくれます。

あまりグチグチ言っても仕方ありませんが、残念でした。



勝ち馬ダノンシャーク、予想でもお伝えした通りで実績馬の大敗後は巻き返しに向けて

陣営が気合を入れなおすので、基本的に買いです。勝つとは思っていませんでしたが、

さすがの実力ですね。これで一安心ですね。今後は、押さえまででOKでしょう。



2着フィエロは正直評価していませんでしたが、強い競馬でしたね。

春と比べてもどこが変わったというのが見えなくて、スワンSは休み明けといえど

ミッキーアイルに完敗。正直買えませんでした。来年も現役続行なら

ぜひ連覇に挑戦してほしいと思います。



3着グランデッツァは、枠がまずもっとも良いところでした。

先行からの押切で狙い通りのレースはできたのではないでしょうか?

この馬が9番人気というのがビックリでしたが、今の京都は内枠先行・スピードアリが

圧倒的有利なので、京都の都大路Sでのレコードと有力各馬が外に固まった枠順からは

もっと人気しても良かったかなと思っています。

今後も京都と中山でもう一度見たいですね。春の中山記念とかどうでしょうか。



1番人気ミッキーアイルは、今からでしょうか。

ラップタイムが33.7-34.8の前傾ラップは安田記念もそうでしたが、

勝てていないペースなので、G1の流れに押しつぶされた格好ですね。

コパノリチャード臭はあるので、高松宮記念に出てくるようだと買いだと思います。



最終的に、掲示板に来たのは5歳と6歳の馬でした。

やはり3歳世代には荷が重いのかなと、というが率直な感想です。

ジャパンカップも3歳勢の評価を一段下げたいと思います。



続いて東スポ杯2歳S。

▲サトノクラウン、◎アヴニールマルシェ、△ソウルインパクトで

無事馬券にはなりました。予想にも触れましたが紐荒れになるとみて

3着馬をほぼ総流ししたのが結果的にはOKでしたね。

2歳戦は完成度の高い馬を中心に、3着にはその時の調子一つでくる馬が変わるので、

そのような買い方が良いかと思います。



このレースを見て今後のクラシック路線への展望ですが、

1着サトノクラウン

新馬戦をみて完成度が高いと判断しましたが、信頼度ではやはりアヴニールマルシェだったので

▲にしました。結果的にはすごくいい内容で勝利し、この馬は強いなぁという印象です。

後方3番手で進んだ時には終わったと思いましたが、直線何とかこじ開けてきてからの

一瞬の脚はエイシンフラッシュを彷彿させるものがありましたね。

ムーア騎手の騎乗判断も良かったのだと思いますが、それに答えた馬も見事でした。

次戦の予定はまだ把握していませんが、期待してもいいのではないでしょうか。



2着アヴニールマルシェは、これまでと異なり先行からの競馬。

道中では勝利を確信していましたが、直線を向いて行き場を失ったのは、

他の馬が思ったよりも仕掛けが早かったからでしょう。

少し焦った感じの騎乗ではありましたが、隙間を見つけて飛び出した瞬間までは

勝利だと思っていましたが、、、交わされてしまいましたね。

あの内容で勝てないとすると、今後はどうでしょうか。

一方で今日のレースぶりでは思ったほど伸びないという面も見えたので、

次戦、再度注目して、追い込み脚質で勝負に出るか?中団前目からの差し競馬か?

内容と結果を見て、来年のクラシックにつなげていきたいと思います。



3着ソウルインパクトは前走まで3戦連続1番人気の期待馬。

完成までまだ時間がかかりそうですが、もう少し完成してくれば

重賞で活躍できそうなイメージです。今日のところはこれで良しでしょう。

年明けの京成杯で中山の適性を見てみたいですね。



4着エミネスク、5着クラージュシチー。

前走で0.6差以上の大勝した馬は、私はマイナスにみるんですが、

思った以上に激走ですね。見返すと、田中勝騎手は鞭を落としましたね。

レーシングビューワーの1:43あたりです。大勢には影響なさそうですが。

2頭とも次走条件戦に戻ると思うので、そこで再度見直していきたいと思います。



その他の馬も横一線でゴールしたように、差はないように感じたので、

今日の出走馬は各々条件戦に戻っても活躍できると思います。





さて、週末にはいよいよジャパンカップです。

ハープスターの活躍が期待されますが、現時点での私の評価を

先週書いたので、良かった参考にしてみてください。

【ジャパンカップ】展望 ハープスターの取捨をどうする?!【2014年】

まだほとんどみていませんので、今から検討に入りますが、

連軸予定はこの馬 → ジェンティルドンナ

人気になるので、あまり買いたくはありませんが、逆らう余地もほとんどないので、

ここから入るのがベターだと考えます。

今週は、毎日JCについて記事をアップする予定にしていますので、

楽しみにしておいて下さい。

JC、現時点での軸馬は → ジェンティルドンナ



よろしくお願いします。











タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。