【菊花賞】大反省会 まったくお話にならず【2014年】 - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【菊花賞】大反省会 まったくお話にならず【2014年】

馬券を的中された皆様、おめでとうございます。

私の予想はお恥ずかしい限りで、何もかも見えていなかったですね。

外すときは、こんなものかなという思いはありますが、

来週の天皇賞へ切り替えていきましょう。




まず、展開でもっともキーになると見たゴールドアクターが、

行き脚がつかずに先行というより中団の前、というポジションから。

トゥザワールドがその前にいった時点で、終わったと確信しました。

結果的にそのゴールドアクターの後ろでインに待機していた2頭が、

直線抜け出して1着2着。ゴールドアクターがしぶとく脚を伸ばして3着。



まあ、終わったことはこれくらいにして、次走にどうつなげていくか?

ですね。



1着トーホウジャッカル

強い内容で、決め手もある。2400mで改めてみてみたいですね。

来年の古馬王道の主役になれるかも、と期待できる結果でした。



2着サウンズオブアース

全くと言っていいほど評価していませんでしたが、ネオユニヴァースの

ダービーに近づいている印象です。良馬場、東京・京都や阪神の外回りでは、

今後も好走が期待できると思います。が、2勝馬。

古くはナイスネイチャやステイゴールド、近年ではウインバリアシオン。臭います。



3着ゴールドアクター

次走はステイヤーズSを希望しますが、どうでしょうか。

アルゼンチン共和国杯でもいいですね。長距離路線で期待します。



4着タガノグランパ

さて、いろいろなコース条件でこれほど安定した結果を残す馬はそういません。

今後も人気にならずに馬券になってもらえればうれしい限りですね。

基本的には左回り、ちょい荒れ馬場がいいと思っています。距離も短い方が

いいような気がするのですが、正直わからないですね。馬券は常に押さえで。



5着以下は、割愛しますが、今年の3歳クラシックを振り返って、

古馬との戦いにおいてどういう目が出るか?を占うと

条件戦では通用する、がG1では勝ちきれない

という印象です。G2大将という言い回しがありますが、

G2大将世代の印象です。



早速来週、天皇賞秋でイスラボニータが古馬に挑戦します。

相手関係でみれば、G1級の馬は休み明け、ステップを使ってくる

馬には勝てそうなイメージです。

しかし、3歳では天皇賞秋で勝つのは難しく、今回参戦するフェノーメノや

カレンブラックヒルでさえも、古馬の厚い壁に跳ね返されてきました。

イスラボニータが、この壁を破れるかどうか?非常に楽しみな一戦です。




天皇賞秋、特別登録は20頭。ざーっとみて、

ジェンティルドンナは休み明けはマイナス。JC本番で押さえまで。

フェノーメノは、ここを取りたいでしょう。休み明けやや不安も軸候補。

トーセンジョーダンもここは叩きでJC本番。消し。

カレンブラックヒルは狙いたかったが、ほかに逃げ馬不在で逃げ切りは難しい。厳しい。

エピファネイアは成長力に?買いたくない。

G1勝ち馬は以上でしょうか。うーん、決定打にはやはり欠けますね。



今年重賞勝った馬では、

サトノノブレス、ディサイファ、マイネルラクリマ、マーティンボロ、ラブイズブーシェ

期待値が高い馬がいますね。

前走明らかな叩き台にして、ここ本番でしょう。

過去の戦績からも、東京2000mはベストに近い条件。

狙いはこの馬 → 人気ブログランキングへ



その他の伏兵馬も押さえたい馬は何頭かいますね。

ワールドエースの登録がないのは残念でしたが、

楽しみな一戦です。

過去、天皇賞秋はもっとも相性が良いG1ですので、

自信をもって予想していきたいと思います。



よろしくお願いします。





タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。