【菊花賞】予想◎トゥザワールドで勝負! 【2014年】 - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【菊花賞】予想◎トゥザワールドで勝負! 【2014年】



まず、富士Sの回顧を簡単に。

ステファノス、大外でしたので即切りしましたが、

馬が強くなっていました。

展開が想定以上にスローになって、位置取りに苦労しなかったため

大外の不利がなくなっていましたが、ダノンシャークがいるので

もう少し前屈みになると予想していたことが敗因ですね。

やはり展開は大切です。



では菊花賞の予想へ。



展開予想から

逃げるのはサングラス。もしかしたらシャンパーニュ。

ですが、いずれにしても各馬がペースメーカーにするのは

ゴールドアクターでしょう。そのすぐ後ろがベストポジションに

思えますが、どの馬が取るでしょうか。




シンプルに考えれば、トゥザワールドが来ると思いますが、

ワンアンドオンリーもダービーの時のように出してくる気もします。




展開予想その2、ワンアンドオンリーが先行した場合

これはかなり激しい消耗戦になります。

ロングスパートと勝負根性は神戸新聞杯で見せました。

ならば玉砕覚悟でワンオンより先にスパートかけるか、

最後脚が止まってくれるのを待つしかありません。

トゥザワールドはある程度粘れると思いますが、

それ以外は全滅。後方一気に賭けていた馬が馬券になるでしょう。



ワンアンドオンリーが先行しなかった場合

先行勢の前残りが怖くなりますね。

ゴールドアクターやトゥザワールドです。

イン突きのマイネルフロストも有利ですね。




近5年の菊花賞勝ち馬は、4コーナーの時点で

先行2番手から4番手以内で直線に向いています。

先頭では差される、5番手以降だと届かない。

勝ち馬は展開によって変わると見ます。

しかしトゥザワールドは展開に左右されず、

好位はキープしていると思うので、3連系の軸向き。

◎14番トゥザワールド



対抗は○15番ワンアンドオンリー。



逆転が可能な単穴に京都新聞杯勝ち馬、

▲9番ハギノハイブリッド 

今日もやらかしてくれた祐一君ですが、

展開いらずの馬なので、逆に良いかもとさえ思っています。

出たなり中団、馬群に包まれて同じように上がっていって、

直線ドン詰り。

菊花賞はばらけるので、ドン詰まりは回避できそうで、

ならばスムーズに上がってこれるのではないでしょうか?



押さえに

△1番マイネルフロスト

△2番トーホウジャッカル

△4番サウンズオブアース

△7番トーセンスターダム

△10番ゴールドアクター

△12番タガノグランパ

△16番サトノアラジン

△17番ヴォルシェーブ



展開を2パターンで予想したので、相手は広くなりました。



馬券は3連単で勝負

◎○▲→◎○▲→印(54点)

パドック見て、印を減らしていきたいですね。



よろしくお願いします。





タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。