【菊花賞】予想オッズからみて超穴馬がいた!【2014年】 - フランケルの競馬予想-無敗を目指して-


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





タグキーワード
  • No Tag

【菊花賞】予想オッズからみて超穴馬がいた!【2014年】




全く持って予想外のオッズが付いています。

参考にしているのはnetkeibaの予想オッズ。

リンクはこちら → http://race.netkeiba.com/?pid=odds&id=c201408040711





マイネルフロストです。

13番人気って、舐められるにも程がございます。

まず、私はダービーでこの馬を穴馬で押さえ馬券を取っています!



なぜこんなに人気がないのか?

セントライト記念で負けすぎ。否定はしません。

マイネル笑だから?否定はしません。

しかしですよ?

ダービー3着でセントライト9着の馬が

ダービー10着、セントライト10着の馬より人気が下って



舐められすぎです。



来るかどうかの前に押さえないといけない馬です。

必要以上に人気が下がっているときは、「絶対こない!」と

言い切れるときだけは外してもいいと思いますが、

そうでなければ、紐に加えておいて

「来たらおいしい」

でしょう。




では、菊花賞では「絶対に来ない」と言い切れるか?

まず、この馬の好走レースは毎日杯とダービーです。

期待外れに見えたのは、共同通信杯と青葉賞でしょう。

つまり、叩きレースと本番で質が全く異なる!

と言えます。



典型レースは青葉賞。

ダービーへの出走は確定でした。無理に使う必要はございません。

つまり、青葉賞は公開追切です。東京2400mに慣れさせる、

という意味もあったかもしれません。

いずれにしても、青葉賞の位置付けは、

「ダービーで勝つためのステップ」という位置づけです。



毎日杯の前の共同通信杯、見せ場なく終わりました。

この時点で調教師は確信があったのだと思います。

マイネルフロストは叩き2走目だ!




「絶対に来ない」と言い切れない理由その1、

叩き2走目に実績アリ




その2もあります。

脚質の問題ですが、この馬は中団からのロングスパートで、

馬群に入れても全く怯みません。そして、目立たないですが、

そこそこの脚を使います。

ダービーでは、どの馬にも差されていません!

菊花賞では中団から2度目の坂越えしたところから、

動きたくてもスタミナの残っていない馬はずるずる下がります。

マイネルフロストがスタミナ馬だとは私も思っていませんが、

全てが上手く言ったように見えたダービーでも、

底力なくして

トゥザワールドより先着することは不可能です。



「絶対に来ない」と言い切れない理由その2、

ロングスパートなら底力みせます!




実力を過小評価されていると感じます。

つまり、舐められすぎです。



以上が考察となりますが、誤解の無いように付け加えておきます。

マイネルフロストが勝つとは言っていない!



ありがとうございました。



マイネルフロストは13番人気でしたが、

こちらも人気していませんね。

マイネルフロストより京都適性も高いですし、

馬券になる確率は高いと見ています。

もう一頭、狙いの穴馬は →  人気ブログランキングへ





コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © フランケルの競馬予想-無敗を目指して- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。